トップページ ---> 中学校 ---> 学校長挨拶

校長  馬場 保孝  

武修館中学校 武修館高等学校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
今年度4月1日付で、校長に就任いたしました馬場です。このホームページを通して諸活動を紹介してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。
さて、本校は、昭和39年に釧路女子短期大学付属高等学校として女子生徒の後期中等教育を担う場として開校し、今年度創立54年目を迎える釧路・根室管内唯一の私立高等学校です。この間、昭和48年には、釧路短期大学付属高等学校と校名変更し、同時にこれまでの女子校から男女共学校へと改められました。また、平成3年には釧路緑ケ岡学園高等学校と校名変更し、現在の武修館高等学校への校名変更は平成16年に行われたものです。武修館高等学校と校名変更した翌年の平成17年には併設型中高一貫制度を導入し、新たに中学校を開校し現在に至っております。
本校では、生徒一人ひとりの興味・関心、適正、進路目標に応じた教育を実現するために、中高6年間の充実した教育により超難関大学への進学を目指す「一貫コース」、きめ細かな教育により上級学校への進学や就職を目指す「普通コース」、強化指定の野球、陸上、剣道、アイスホッケーの4競技の将来のアスリートや指導者を目指す「体育コース」の3コースを設けています。さらに今年度からは、「普通コース」に特進系、進学A系、進学B系の3系を導入と多様な選択科目の設置を行い、生徒の皆さんのニーズにこれまで以上に応えるために、私学の武修館だからできる特化した教育内容の充実を図りました。
本校は、部活動がとても盛んで、多くの部活動が全道・全国で活躍しています。特に、平成26年度には野球部が北北海道の代表として夏の甲子園に出場(初出場)し、平成27年度にはアイスホッケー部がインターハイで優勝(3回目)をしています。また、平成28年度には文化部の筝曲部が北海道代表として総文祭に出場しています。
教員は『生徒を中心に据えた教育の実践』を目指し、「授業の充実(生徒の夢や希望を叶える指導)」「生徒指導の強化(安心・安全な学校生活の提供)」を今年度の重点目標とし、生徒の皆さんの夢の実現に向け全力でサポートしています。
校訓「愛と奉仕に生きる」実践者として、「美しいものを美しい」と感じ、「優しさ」に「ありがとう」と言葉を返し、「過ち」に「すいません」と自然に応えられる心豊かな人間性と高い志をもって心身ともに逞しい生徒を育て上げてまいります。
 本校に関わるさまざまなことについて、このホームページでできるだけわかりやすい内容で発信してまいりますので、是非アクセスいただきたくお願いいたします。
このページの先頭へ
Copyright © 2007 BUSHUKAN JUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOL All Rights Reserved
転校案内